ブログ検索

ブログ

グルコサミンとコンドロイチンの体内における5つの効果
90

グルコサミンとコンドロイチンの体内における5つの効果

グルコサミンは、体内で自然に作られる化合物のひとつである。関節に存在し、体内の他のいくつかの分子の機能の基礎となっている。科学的な用語では、グルコサミンの主な役割は、軟骨を維持し、関節の健康に貢献することです。 一方、コンドロイチンは、合成のものや動物由来のもの(サメの軟骨)に含まれ、抗炎症剤として働き、軟骨を損傷や炎症から保護します。グルコサミンと組み合わせることで、コンドロイチンは関節の健康を確保し、予防する上で重要な役割を果たします。 詳細はこちら

  • 0
  • 0 コメント
表示 1 ~ 1 1件中 (1 ページ)